たけし通信(日本共産党)
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山市国民健康保険運営協議会が開催されます
 2月13日(木)午後1時半から、福山市国民健康

保険運営協議会が開かれます。

 議題としては、2014年度の福山市国民健康保険

特別会計予算編成についての方針が示されるものです。

 2014年度の国民健康保険特別会計当初予算(案)

が示され、2013年度の収支見込みも報告されます。

 6月議会で本算定が行われ、国民健康保険税などが

決定されますが、国保運営協議会で基本的考え方が示

されるものです。

 国保加入者は、低所得の方が多く、最近では非正規

雇用などの若者の割合も高くなっています。

 国保税が高すぎるという声は、よく聞かれますが、

構造的な問題があります。

 14年度の国保会計運営方向が示される、国保運営

協議会の傍聴はどなたでも出来ます。

是非おいでください。

 本庁の6階60会議室で行われます

 
 

スポンサーサイト
競馬場跡地の活用について
 1月24日に競馬場跡地利活用検討特別委員会が、

開かれました。

 今年度中に基本構想の策定を行い、14年度中に基本

計画を策定します。

 特別委員会では、基本構成案が示され、以下のような

内容です。

1、はじめに

2、福山市および跡地の概要

 (1)跡地の立地特性、位置づけ

 (2)福山市の現状と課題

 (3)跡地利活用に関する市民アンケート調査結果

3、土地利用の基本方針

 (1)コンセプト

 (2)土地利用の考え方

4、導入機能

 (1)導入機能

 (2)各ゾーンの導入機能

 (3)道路等の整備について

5、整備及び管理・運営の考え方

 (1)整備手法等について

 (2)管理・運営等について

 (3)スケジュール等について

となります。

2月中に基本構想を作り、意見を求めるパブリックコ

メントを実施する予定です。

 パブリックコメントは、市民のみなさんの思いを述べ

る絶好の機会となります。

 この機会に多くの市民のみなさんから声が届くように

パブリックコメントをお寄せください。

(市広報などに、パブリックコメント実施の案内が行わ

れます。いま、実施しているわけではありません。)

 1月24日の特別委員会では、導入機能として市民

アンケートに基づき、公園・広場・緑地機能、スポー

ツ・健康機能に決定したことが報告されました。

 さらに、」賑わい・集客機能、創造・交流機能、産

業支援機能、医療・福祉機能については、3~10年、

10年以上をかけて、導入に向け調査・検討を行うと

しています。

 15ヘクタールの跡地に、14年度作成予定の基本計

画で導入を決めている公園・広場・緑地機能、スポーツ

・健康機能は盛り込みますが、その他の「導入につい

て調査研究する機能」については、今後順次計画に盛り

込むことになるかどうかということになります。

 ともあれ、14年度中に作成予定の基本方針で盛り込

まれることになった公園・広場・緑地機能、スポーツ・

健康機能について具体的にどのようなものを作るのがよ

いのか市民意見を聴くことが必要です

環境審議会開かれる
 環境審議会が開かれました。
 
 事務局として、環境総務課長から説明がありました。

 今日の議事は、福山市環境基本計画の中間見直しにつ

いてです。

 ①パブリックコメントの実施結果

 ②福山市環境基本計画(改定)(案)について

 ③福山市環境基本計画の中間見直しに係る答申(案)

について、審議しました。

 環境基本計画(改定)の策定について、昨年の12月20日

から今年1月20日まで、市民意見を聞くパブリックコメン

トが実施されました。

 4人から10件の意見が寄せられ、内3件の意見を反映

しています。

 1、環境指標について、中間実績数値を記載する

ことになりました。(具体的には、2012年度の実績)

 2、重点プロジェクト4で、廃蛍光灯の扱いについて、

「さらなる減量化・資源化を図るため蛍光灯のリサイク

ルを実施するとともに、小学校などから排出される給食

残さのリサイクルを検討していきます。」と修正する。

3、重点プロジェクト6で、自転車の利用促進の位置

づけについて、交通対策プロジェクトに「◎自転車利用

の促進 交通に起因する環境負荷の軽減を図るのため、

自転車を利用しやすい環境づくりや啓発を通して、自転

車の利用促進を図ります。」を追加する。

 説明後の、質疑で、私は、「福山市は、太陽光発電

などで、目標を大きく超えて進捗していることからも、

地球温暖化対策は、喫緊の課題でもあり、温室効果ガス

排出量の目標数値を引き上げること」を求めました。

 答弁で市は「福山市地球温暖化対策基本計画や国動向

を見ながら、目標達成に向け取り組みたい」と述べまし

た。


続いて、環境基本計画(改定)(案)について、環境指

標の2012年度の現状を追加したことについて説明が

ありました。

 その中で、西嶋 渉会長(広島大学環境安全センター

長)は、現状の到達からみて、2018年度の目標数

値について「高く見直して引き続き取り組みます」と記

述していることについて、説明を求め、委員の議論をお

願いしたいと促しました。

 1つは、光化学オキシダントの環境基準超過時間が、

2012年度の現状で419時間となっています。

 現計画では、2018年度に600時間としていたも

のですが500時間へと引き上げました。

 市の説明では、近年の平均が大体400時間を少し

超えているが、気象変動も影響することから、500時

間としているとのことです。

 現状よりも低い目標はいかがなものか議論もあると

思うがと西嶋委員長がのべ、論議をと求められました。

 私は、「2007年から継続して減少していることか

らも、積極的目標を掲げたらどうか」と発言すると、

会長から、質問されように平均的な数値で見れば、単年

度の目標よりもたとえば、450時間とかの目標も出て

くるのではないかと促して、450時間を目標としました。

 また、公共施設への太陽光発電システム導入量につい

て、現状の到達2012年度793.5kwを2018

年度900kwを指標にすることについて、会長は、

あと100kw余りであり、議論もあると思うがと委員に

促したので、私のほうから、発言しました。

 「現在の公共施設について、どの程度の設置率となって

いるのか。また今後の設置の見通し」を質問しました。

 市は、太陽光発電について、新設の公共施設では、

太陽光発電を一緒に設置している。今後も、新規の公共

施設に積極的に行っていくと述べました。

 私は、既存の公共施設への太陽光発電を設置できるよ

う検討することを求めました。

 会長から、設置について、費用もかかることもある

かもしれないが、さきほど委員から既設の公共施設へ

の太陽光発電の設置を行い積極的目標掲げるよう叱咤激

励もあった、提案も考え、今後目標の見直しもと促しま

した。

 その他の点で、大気の環境基準の適合が2012年度

は、2007年度87%の適合が79%に落ち込んだ理

由、化学物質の総排出・移動量が2017年度は年に2

681トンから2012年度2956トンに増えている

理由、さらに3Rの推進でごみの排出量の総量が200

7年度167499トンから2012年度152870

トンと減っているが、2018年度目標で、15700

0トンと増える目標となっている、一人当たり排出量

も同様になっている理由について質問しました。

 市の説明で、大気環境基準に適合項目の割合が落

ち込んだ理由として国によるPM2.5について基準の

中に含まれたことで基準適合が引き下がったのことで

したが、会長は、そのことを基本計画(改定)(案)に

記述することを求めました


肝炎患者さん、肝炎訴訟の弁護士さんの要望をお聞きしました。
 肝炎患者さんと弁護士さんが福山市議会の各会派に

要望されるために来られ、我が会派の議員もお聞きし

ました。

 今、ウイルス性肝炎患者に対する医療費補助は、限

定的なものであり、肝硬変、肝がんには補助がないこ

とから、自己負担がかかるため、治療断念することに

もなる。補助の拡大を国に要望すること。

 また、肝硬変などの患者への身体障害者手帳の認定

基準の緩和を国に求めることの2つを中身とする意見書

を市議会として上げてほしいとのことでした。

 いま、請願署名を100万人規模で取り組んでいるの

でぜひ協力してほしいと要望されました。

 「肝硬変・肝がん患者等の療養支援の推進を求める」

請願書は、今後届けるのでということです。

 みなさん、署名用紙をお見かけしたら、その節はよろ

しくお願いします
 

  
辻県議と朝宣伝
 毎週月曜日に、(時々お休みすることもありますが)

辻つねお県議と朝7時半から、8時まで御幸町森脇橋北

詰めの交差点で行っています。

 今日は、霧がでて、車の運転がなかなか困難な状況

でした。

 運転に注意を呼び掛け、通常国会での論戦を見ても

明らかなように、安倍首相が進めようとしている方向は

、日本が戦争できる国づくり、大企業優遇政治であり、

アメリカいいなり、大企業優遇の2つの矛盾を解決し、

日本の政治の抜本的転換をと訴えました。

 通りかかった車から、クラクションをならしての激

励がありました


(2月と思えないほど、温かい日でした。)





プロフィール

takagi@jcp

Author:takagi@jcp
人が大切にされる社会を

兼業農家の長男として生まれ、農業を手伝い、両親の背をみて育ちました。
姉は障害者で、施設にお世話になっています。
「弱い立場のひとが大切にされない社会をなんとかしたい」―これが私の原点です。
くらしの声を受け止めて、ある相談者の方が、「生きていくのがつらい」とつぶやかれました。
こんな思いをする人をなくしたい。
みなさんの暮らしの願いをしっかり受け止め、全力でがんばります。


愛読書

最近読んだ中では「ダビンチコード」
ついつい引き込まれて読んでしまうほど面白い

好きな映画

アクション映画
正義と悪がはっきりしていて痛快


座右の銘

ゴーイング・マイウェイ


好きな食べ物

塩ラーメン
ラーメンの中でもさっぱりしていておいしい


好きなスポーツ

野球観戦
カープの試合があれば見たい。カープがんばれ!


休日の過ごし方

映画・ビデオ鑑賞してます。


特技

車の運転

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

アクセス数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。