たけし通信(日本共産党)
07 | 2012/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅前で消費税増税反対の宣伝、ビラ配布
              駅前宣伝
            キャスパ前で宣伝
 24日、夕方キャスパ前で国民大運動広島県実行委員会の街頭宣伝が行われました。

 この行動には、新婦人、民商、日本共産党など10人余りが参加し、消費税増税反対、社会保障改悪を許さない!怒りの声を上げようと呼び掛けるチラシを歩行者に配布、街頭宣伝も行いました。

 30分余りの行動でしたが、通りかかった方もチラシの配布に協力してくれました。

 2人が交代してハンドマイクで野田内閣を厳しく批判する怒りの声をあげ、政治を変えようと訴えました。
 
 結構多くの歩行者が,チラシを受け取ってくれました。
 みなさん、民主党野田内閣の横暴に対し、声をあげ、行動しましょう。
    

スポンサーサイト
競馬事業特別委員会が開催
 7月23日(木)競馬事業特別委員会が開かれました。
 市営競馬検討委員会の答申に基づく、競馬事業2年目ですが「実質単年度の黒字確保」が事業存続の絶対条件をクリアーすることを見通すことができない状況です。

 4月から、6月までの第1四半期の収支が1、085万円の収益不足となりました、8月は前年を上回っていますが、現在までの収支は、累計で320万円の赤字となっています。
 
 今年は、昨年度と比べ、これまで、競馬場入場者は64000人余りだったものが、56000人余りに、馬券の売り上げは35億余りだったものが29億余りと減少しています。

 最低限となっている運営費は、これ以上下げることができない状況ですし、どうにもならない状況です。

 競馬事務局長は、実質単年度黒字に向け、最大限の努力を表明しています。
 私は、6月の競馬事業特別委員会から、新たに委員になりましたが、テレビカメラも3台くらいあり、報道陣や傍聴者も多く来られています。

 市営競馬事業が、どのようになるのか、固唾をのんで見守っている感じです。

 私が、競馬事業廃止となれば、市としてやるべきこととしてどのようなことが考えられるのか質問すると、事務局長は、実質単年度黒字に向けてがんばる決意を強調しました。

 
 貯めていた設備資金も、すでに枯渇してきていることから、設備の更新もできない中で、懸命な運営をしているのが実情です。

 市民から、なんで廃止しないのかと言われている競馬事業です。

 廃止に向け、関係者と協議して行くことが必要ではないでしょうか

19日、生活相談日でした
           生活相談
 
 19日(日)、朝11時から昼までの、月一回の生活相談日を行いました。

 今回で2回目となります。まだ、生活相談は、ありませんが、直接の相談では、道路舗装、橋の整備、ガードパイプの設置などの相談が寄せられています。

 受けた生活相談で、継続しての対応しているもの、これから取り組むものもあります。
 19日には、加茂事務所に、わたしとSさんが相談者として待機していました。
 引き続き、月1回第3日曜日の11時から、生活相談日を設けて行います。

 電話でも結構ですので、是非ご利用ください。   
 電話は、084-972-6830です

   
世羅町へビラ配布に
 10月に世羅町議選が闘われます。今、現地世羅では、アンケートなどを配布するために、奮闘しています。
 しかし、世羅町でビラ配布をしようと思えば、1時間で50枚くらいと大変時間のかかる地域です。
 6900世帯の世羅で6000枚のビラを配る予定ですが、ほとんどが、バイクなどで配らないとできない地域が大半です。
 現在、ビラ配布に努力中です。
 今日、18日(土)、私とKさんと二人で、10時半ごろから午後4時ころまで、昼食休憩を含め、アンケート配布をしました。2人で、320枚を配布しました。大田と賀茂地域です。私は、90ccのバイクで、Kさんは、50ccのスクーターでの配布でした。
 これまでの配布で、すでにアンケートが100枚くらい帰っているとのことで、福山市よりも、アンケートがよく帰っているなと感心しました。
 暑くて大変ですが、多くのみなさんのご協力をお願いします。
 世羅町までは、福山から約1時間で着きます。
 御調から、尾道松江線を通ると世羅町まで開通しているので、終点まで行くといいです。そこから、竹原行き、左にまがってしばらく行くと国道184号線にぶつかります。
 184号線にぶつかる交差点を右折して行くわけですが、時間がこれまでと比べ大変短縮されました。

今日は、終戦記念日です
 終戦記念日宣伝
今日は終戦記念日です。日本が1945年8月15日に、連合国が幸福のために求めたポツダム宣言を受諾した日です。
 福山駅前で、辻つねお県議会議員と福山市議団4人が終戦記念日の宣伝を行いました

 今では、戦争を経験した人は、高齢化し、戦後生まれの人が大半を占めるようになりました。
 アジア太平洋地域の人が2000万人、日本国内で310万以上が犠牲となった戦争は、昭和天皇が「もう一度戦果をあげてから」と発言したことが、降伏を遅らせ、本土空襲、沖縄戦、広島、長崎の原爆投下などで被害が拡大したものです。
 私の、家でも母親の兄が戦死し、父親も早く亡くなっていたことから男手がいなくなりました。
 私の、伯父さんになるのですが、頼りにしていた祖母は、長男が戦死したことが、大変ショックだっただろうし、その後の生活も大変だったと思います。
 戦後、養子となった父が、来たことでどんなにか喜んだでしょう。
 私は、その当時の話を聞いたことはありませんので、想像するしかありませんが。
 いま、戦争を知らない世代が多くなっているなか、海外で自衛隊が戦争に参加できるように解釈改憲や既成事実化、憲法改悪を支配勢力は考えています。
 かつての惨劇を繰り返さないためにも、こうした戦争ができる国造りの動きを注視するだけでなく、起こさないための活動が重要です。
 とりわけ、沖縄県民にとどまらず、多くの国民が、アメリカが日本に計画しているオスプレイ配備問題や、普天間基地問題を通じ、安保条約廃棄しかオスプレイ配備阻止、普天間基地撤去を実現することができないことが自覚されつつあります。
 平和な日本を作るために、力を合わせましょう

 
 
原水爆禁止世界大会閉会総会に参加
原水禁世界大会2012
        7200人が参加の閉会総会)
 海外代表含め、日本全国から7200人が参加し、広島大会の閉会総会が開かれました。 福山からは、24人が閉会総会に参加。
中国ブロック
 (福山の参加者が座っている付近)
 今回初めて参加した若い方もいて、感想で、来年も参加したといわれました。
 また、他の方も、全国の参加者も世代交代したような感じを持っていました。
 今年の原水爆禁止世界大会は、昨年起きた東日本大震災による原発事故の影響もあり、核を人間がコントロールすることができないことから、放射能の影響を多くの国民が危機感を持って見ているなかで開かれました。
 とりわけ、若い方が自らのこととして受け止め、核兵器をなくすことや原発をなくすために力を発揮しています。このことは、未来に、大いに展望の持てることです。
 しかも、国際的にも、核兵器をなくせ、原発をなくせという声も広がっています。
 早くそんな時が来るように。

志位委員長
 (挨拶をする日本共産党志位委員長)
 志位委員長が閉会総会であいさつされるのを初めて間近に見ました。
 会場からも多くの参加者が前に出て写真を撮っていました。

クミコ
       (歌う久美子さん


 広島の青年
報告する広島の青年
広島城地下
 広島城内にある地下通信室
 フィールドワークでは、高橋先生から、広島城にある、地下通信室跡や広島大本営跡を見学し、広島逓信病院跡も見学しました。
 はじめて聞く話ばかりでした。
 地下通信施設では、各地から寄せられる情報をもとに、空襲を予測して警報を発令するところです。
 アメリカは、広島に原子爆弾を落とすために、4回も各方向から飛行機を飛ばし、広島を通過した。
 そのため、日本軍は原爆を投下するB29がどこを空襲するのか、直前までよくわからなかったようです。
 広島が危ないと思い、空襲警報発令の紙を受け取った通信をする女性が「空襲警報発」というところで原爆が爆発し、窓から来る爆風で、部屋の端まで吹き飛ばされ気を失ったそうです。
 また、大本営は、天皇陛下が、直接命令するところであり、広島は、中国や朝鮮に、軍隊を送る基地だった。
 広島まで線路がひかれ、宇品港から、人、食料、弾薬、医療品などを次々戦場に送る兵站活動をしていた。
 兵站は、戦争でなくてはならないものである。いま、自衛隊が米軍に燃料補給したり、物資を運んだりいして、後方支援と言っているが、これは立派な戦争行為です。日本が、攻撃されても何も言えないと強調されました。
 大本営あとのところに石柱が建てられているが、セメントで塗られていて、下側にある文部省の文字がよく見えません。これは、アメリカが、戦犯を処罰することなどを条件に戦争をやめることにしていたため、文部省が恐れて、原爆でも残った石柱の4面をセメントで固めたそうです。
 逓信病院では、蜂谷医師が、被爆後、これまでの知識では、理解できなかった原爆症のカルテを作成していました。しかし、アメリカは、放射能が人にどのような被害を与えるか詳しく調査するためカルテをすべて取り上げたためにそれまで積み上げてきたものがすべてなくなってしまった。しかし、蜂谷医師が、日記に書いていたものは提出せずに持っていた、そして、戦後この日記は、外国語に翻訳もして、「ヒロシマ日記」として発行され原爆症に対する理解が広がった。
 聴けば聴くほど、核兵器がどんな被害をもたらすのか、また、保身の軍部は自らの責任を取らず、国民に塗炭の苦しみを強いたのかがわかりました。軍部、日本政府が、その反省をするならば、戦争を2度と起こしてはならないし、核兵器廃絶にむけて、日本が率先して、行動することが極めて必要だと感じました。アメリカにも強い憤りを感じた日でした


大本営あと
 大本営の石柱を示し説明する高橋先生<逓信病院
上は、逓信病院内の展示物写真、日記など。下は被爆当時の逓信病院の写真
逓信病院当時
 
新入党員歓迎会に参加!!
 歓迎会
          歓迎会で乾杯)
 8月4日、7月に入党された、男性Kさんの歓迎会が行われ、私も参加しました。
 おにぎり(小豆入りおこわとか、しそいりなど)や串、サラダ,コロッケなどが用意され、ノンアルコールで入党を祝い乾杯しました。
 歓迎会手料理
         用意された、料理)
 私から、歓迎のあいさつを行い、Kさんは入党の理由について「困っているときに、親身になって相談に乗ってくれる団体に初めて出会った。身近に党員を見て、入りたいと思っていた。」と話されました。参加者もそれぞれ、入党のいきさつなどを語り、Kさんの入党を、大変喜び、元気の出る歓迎会となったようです

 
セミが鳴く暑い夏本番
 
(自宅前の木に摑まり鳴くセミ)
 暑い日が続きます。我が家の庭の木に、アブラゼミが止まり、鳴いています。セミが鳴くといっそう暑く感じます。全国的にも、38度39度などの高温状態が続いています。新聞代集金のときには、どこでも開口一番「暑いですねぇー」から会話が始まります。熱中症で、倒れる方も増えているようです。水をしっかり飲み、脱水状況にならないようにしましょう。脱水になっているかいないかをみるには、おしっこの色を見るのがよいそうです。脱水症状が進むと、尿が濃くなります。自分が、自覚していなくても、脱水が進むこともありますので、尿の色を見るのも一つの目安に、熱中症にならないよう気を付けてください。


プロフィール

takagi@jcp

Author:takagi@jcp
人が大切にされる社会を

兼業農家の長男として生まれ、農業を手伝い、両親の背をみて育ちました。
姉は障害者で、施設にお世話になっています。
「弱い立場のひとが大切にされない社会をなんとかしたい」―これが私の原点です。
くらしの声を受け止めて、ある相談者の方が、「生きていくのがつらい」とつぶやかれました。
こんな思いをする人をなくしたい。
みなさんの暮らしの願いをしっかり受け止め、全力でがんばります。


愛読書

最近読んだ中では「ダビンチコード」
ついつい引き込まれて読んでしまうほど面白い

好きな映画

アクション映画
正義と悪がはっきりしていて痛快


座右の銘

ゴーイング・マイウェイ


好きな食べ物

塩ラーメン
ラーメンの中でもさっぱりしていておいしい


好きなスポーツ

野球観戦
カープの試合があれば見たい。カープがんばれ!


休日の過ごし方

映画・ビデオ鑑賞してます。


特技

車の運転

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセス数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。