たけし通信(日本共産党)
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆になる前に、共同墓地の清掃作業
 7月29日、加茂町中組町内会の共同墓地を毎年盆前に、墓地に通じる道の草や墓地の周りに木を切ったり草を刈ったりする清掃作業があります。
 暑い日に行われるものなので、大変きつい作業となります。草刈り機、チェンソウなどや鎌、なたなどを使い周辺の木を切ったりして運びます。
 軽トラック3台分の竹、木、草などを運びました。途中には、お茶を飲む休憩も取り、作業後に、会計や塀が斜めに傾き書かているので修繕などの計画が報告されました。
 また、蜂に刺される人もいました。
 私も、墓掃除を行ったときに、脚の膝のあたりを4か所くらい、何かわかりませんが、刺されたか、かまれたようです。チリチリと痛み診療所を受診し、治療を受けました。
 みなさんも、草むらなどで作業をする時は、気を付けてください。

スポンサーサイト
平和行進尾道へ引き継ぎ
市役所出発式
<9時前の福山市役所前、出発式>
 7月27日、晴れ、大変暑い1日となりました。今日は、尾道までの道のりを行進します。
 朝9時に福山市役所を出発して、夕方4時過ぎに尾道市役所へ到着しました。
 26日より、参加者は少なかったことは、ちょっと残念でした。福山市役所出発が、大体40人くらい、途中山手南泉住宅の公園で休憩をし、冷たいお茶やアイスクリームをいただきました。そして昼前に、赤坂町の済美中学校に到着、昼休憩に入りました。
 高諸神社までに、神村公民館前と松永駅前で休憩しました。神村公民館前では、冷たいお茶とレモンの蜂蜜漬けが福山市原水協事務局で準備され、行進者はおいしく頂きました。また、民商婦人部により、松永駅前でも、スイカやお茶などがふるまわれ、行進者は、お美味しく頂き元気が出ました。
 高諸神社から尾道の浄土寺下までは車で移動し尾道の原水協にバトンタッチしました。
 みなさん、お疲れ様でした。また、私も8月6日原水爆禁止世界大会に参加しますので会いましょう。

 尾道引き継ぎ式
<尾道市役所前引き継ぎ式>
 
平和行進広島入り
 平和行進出発
<大門から出発>
 26日午後12時に、平和行進が広島入りしました。100名あまりの行進団が広島入りして、大門町の三角公園で引き継ぎ式を行いました。引き継ぐ広島県側は120名あまりでした。私は、少し遅れて参加しました。
 私の、引き継ぎ式の日の平和行進参加は久しぶりでした。いつもは、次の日の尾道に引き継ぐ平和行進に参加するものでした。大変暑い、平和行進でしたが、無事市役所まで更新することができました。
 途中休憩が2回あり、手城小学校ではお茶、スイカなどを民商婦人部の方がお世話をしていただきました。
 行進の参加者は、おいしいスイカをむしゃぶりついていただきました。私も、あまりのおいしさに3切れも食べてしまいました。ありがとうございました。
平和行進市役所前
<福山市役所へ到着>>
 
原水爆禁止福山市協議会で署名行動
核兵器街頭署名
 明日、7月26日、いよいよ、平和行進が広島県入りします。福山市の東に位置する大門町で引き継ぎを行います。今日25日は、平和行進が入る前の、最後の街頭署名活動です。天満屋前の交差点で核兵器廃止の署名を呼び掛けるチラシを配布しながら、署名への協力を呼び掛け。また、ハンドマイクを使った署名への呼び掛け。署名簿を持って声をかけ、署名をしていただきました。10人余りが参加し、暑いなかでしたが、1時間の街頭宣伝署名行動を行いました。明日は、ますます暑い日となりそうで、平和行進が心配です。熱中症にならないように皆さん気をつけましょう。
自治体学校に参加して
分科会
 
静岡県浜松市で行われた第54回自治体学校に7月22日、23日と参加しました。
 自治体学校は、自治体問題研究所が、自治体現場で起こるさまざまな問題について、その問題をどのように解決していったらよいのか、大学教授などのプロフェショナルから、解決の展望が語られ、解決に当たるための知恵と力を磨く場を提供するものです。
 これまでにも参加したことがありますが、今回は3日間のうち、2日間だけの参加となりました。
<第5分科会「災害から住民を守る」に参加>
 12の分科会があるうちの第5分科会に参加いました。
 この分科会では、4人の方がまず報告を行い、その後参加者からの発言、討論を行うものです。
 中村八郎(くらしの安全安心サポーター)さんは、3・11大震災を踏まえて、地域防災問題と方向性について報告されました。
 3・11大震災は、従来の防災対策では不十分だということを明らかにした。
 災害は地域によって違う。そこでどのように暮らし、生活しているのかということを把握して対策を考える必要がある。自治体防災計画の立て方として、これまで一律に国が指針を示し、その指針に基づきそれぞれの自治体がつくっててきた、しかし、防災計画は、地域で作ることが重要。
 私は、それぞれの地域の特性、特徴をつかんで、その地域に合った防災計画を立てないと、役に立ちませんよということだと理解しました
 他のまちの災害から学んでいくことが重要。今回のような、被害は許容できない。後世に責任が負う社会環境を作ることが重要。
 しかし、現状は極めて危ういものだと言われました。
 職員が、合併や行政改革により、削減されているため自治体の力量が、不足している。
 地域防災計画は、予防計画(普段から行っていくこと)復旧、復興計画の3つがあり、被害を軽減する、応急対策が、予防計画の中に入れられている。
 しかも、予防対策のほとんどが、応急対策になっている。<問題があると指摘されています>
 これは、未然防止対策が軽視されいることを示している。さらに、経済優先の土地利用を行ってきたことが、災害が起きたときに、被害を大きくさせることにつながる。海岸線に立派な道路を建設すると、そこには、住宅などが建設される。危険なところに、どんどん建物が増えることになる。経済効率優先や利便性が主眼になっていることは問題だと指摘。
 また、防災対策で避難対策は中心課題ではないと強調。とりわけ、現在の防災計画で多人数を避難させることは実際に不可能であり、避難を重視していてはいけない、命を守っても、家の再建ができないとか、関連死が多いなど、立ち上がれない人が多く生まれる。命だけでなく財産を守る。コミュニティも必要だ。そのことは、地域の安全が課題になることであり、行政の役割が重要になる。
 われわれが、阪神淡路大震災や東日本大震災などを経験し、さらに、今後東海、南海、東南海地震など3連動の地震も起こるといわれている中で、災害に強い街づくり、地域づくりをどう進めていくのかが問われています。大きな示唆をいただいた。
 <議員交流会では>
 池上洋通さんが、司会を行いました。参加していた、宮城県仙台市の市議会議員さんが3人来られていました。 全国からの支援にお礼を述べるとともに、仙台市で、3月11日にどのような状況であったのか、報告されました。
 マンションののり面が個人所有のため、直すために億単位のお金がかかることから、困っていることやたくさんの支援物資を届ける体制がなく、職員も苦労していたこと。これではいけないと自ら、届けることにしたがタイヤをとりかえるほど走ったこと。また、突然、カジノを持ってくる構想が持ち上がり、「何を考えているの!!」と頭にきたことなどが話されました。
 報告に対し、支援物資を届けることができないならば、誰か権限を持ったまとめ役を作り、取りに来てもらうことにすればよかったのではないかと意見が出ました。
 報告者の市会議員は、一回行ったが、来られる方は、必要なものも、そうでないものも、もらえるものはすべてもらうという審理状況になって余計に混乱してしまったと発言されました。
 <特別講演:東海地震による浜岡原発のリスク管理を考える> 
 最後の日は、渡辺敦雄(NPO法人APAST)さんが講演。浜岡原発を設計された方です。
 原子力発電はどうやって電気を起こすのか、福島原発の構造のどこが問題か。放射能はどういう影響を与えるか。また、原子力発電所1プラントで、1日運転すれば、広島型原爆の3個分の熱量がでることなど、わかりやすく離されました。
 放射能の処理方法が未確立であり、プルトニウム234は10万年管理しないといけない、自然エネルギーなど代替法の可能性を示唆されました。
 技術者の話で、原発の問題点が分かったような気がします。
 



備後の里の夏祭りで恒例の焼そばを
 7月21日、午後5時半から駅家町の備後の里の前の駐車場で行われた、備後の里夏祭りに参加し、毎年恒例となっている、焼そばを作り販売しました。
 医療生協加茂支部が、毎年行っている焼そばの販売に、この間声を掛けられ、お手伝いしています。
 今では、結構、板に付き、「焼そば、おいしかったよ」と言われるようになりました。 
 この日は、とても暑い日で、焼そばを焼くのに汗が目に入り、しみて困りました。
 「今日は、こんなに暑いので、焼そばが売れるかな?」と心配しました。
 それよりも、「缶ビールとか冷たいジュースなどがよく売れるだろうな」と思いながら、暑い夜を焼きそばを焼きました。
 最初のころは、たくさんの行列ができ、2つの鉄板で4人が焼いていましたが、間に合わない状況でした。
 しかし、300食の焼そばを8時前には、焼き上げ、完売することができました。
 いやー、お疲れさまでした。

原発再稼働反対、オスプレイ配備運動に連帯した一斉宣伝
 
7月16日駅家宣伝
 (チラシを乗客に配布
 
 7月16日(月)午後5時から駅家駅前で原発再稼働反対のチラシを配りながら宣伝を行いました。
 熊谷さん、佐藤さん、和田さんと私の4名が参加しました。
 今日は、電車が頻繁に来るわけでもないし、祭日ということもあって、あまり、人も多くありませんでしたが、近所にオンリーワンのお店があることから、その方向にハンドマイクを向けて、原発再稼働反対や消費税率引き上げ反対の街頭宣伝を行いました。
 今日(20日)も午後5時前から佐藤、和田さんと3人で行いました。
 今日は、オスプレイ配備反対のチラシを配布しながらの宣伝です。
 普通の日でしたので、通勤客、通学生などで電車から降りる人が16日よりも多かったです。
 電車にのる人や、降りる方が結構チラシをとってくれました。また、タクシーの運転手の方は、何か激励してくださっているような感じでした。
 参加者が、もう少し多ければ。でも元気が出ました。
 今日は、福山駅前でも原水禁のリレー宣伝を行っています。通りかかったときには、皆様の署名や募金のご協力をお願いします。

駅家駅前宣伝

ハンドマイクで訴え
12.jpg

福山市母親大会に参加
母親大会
 第58回を数える、福山市母親大会に午後から参加し、ジャーナリスト(朝日新聞記者)の伊藤千尋さんの話を聞きました。
 世界の70カ国を訪問しておられるなかで、疑問が沸いたら、探求しなくてはおられない性格から、なぜ、どうしてと質問してきたことなどを話されました。

フィリピンでなぜ、原発が動かず、米軍基地がなくなったか
 フィリピンで、アキノ大統領がチェルノブイリの原発事故が起きて、原発は危険だからと、作っていたけれども、廃止し、地熱発電に切り替えたこと。しかも、その地熱発電機には、日本の三菱のマークの入っている発電機であったことから、「日本に技術があるのに使わない、おかしいですよ!」と強調されました。
 また、フィリピンで米軍基地が撤去されたが、なぜ撤去されたか。その理由について、ピナツボ火山が爆発して、住民が避難する時に、米軍基地を通らないと非難できないが、米軍基地は、扉を閉鎖して通らせなかった。これまで、政府は、米軍基地は、住民の命を守るためにいると言ってきたが、違うでないかと、米軍基地の撤退の議論が巻き起こった。その時に、米軍基地に働く国民が42、000人いることがネックになっていた。基地をなくせというだけではだめ、発想の転換が必要だ。米軍基地では、42、000人しか働けない、なくなればもっと多くの人が働けるといって計画を立てた。基地がなくなって、今では、10万人からの働く国民がいる。
 なるほどと納得!!
>span>ベネズエラでは、憲法を国民に活用させる努力が
 ベネズエラでは、スラム街の路上で憲法が販売され、売れている。また、スラム街にあった元警察署は、メルカリートと呼ばれる、スーパーマーケットになって、国の補助で町の値段よりも4割安く売られている。販売しているお米の袋には、憲法第326条「国家の安全は、独立、民主主義、平等、平和、自由、正義、連帯、環境保全及び、人権保障の原則の基づいて、国と市民社会の呼応した関係に基づくものである」と印刷されている。
 日本では、憲法を国民に使わせようとしない、使われたら困るわけです。
 憲法25条、9条などがなし崩しになっている今日、憲法を学び、生かすことが必要だと痛感!!
 

 コスタリカでは、憲法を国民に徹底!!
 コスタリカでは、1949年に憲法が作られた。法律で軍隊を廃止して、社会発展のためには、教育が重要だと軍隊に回していた予算を教育に回している。
 小学校に入学すると、まず最初に、憲法に書かれてリる文章から次のことを伝えられます。「人は誰も愛される権利がある」
 コスタリカでは、訴訟を起こした最少年齢は8歳です。
 サッカーボールで遊んでいると、ボールが、池に落ちるので、落ちないよう、柵を作ってくれと訴訟を起こし、設置されたようです。
 裁判所も、子どもの立場をよく考えているそうです。
どういう姿勢でがんばっているのか、日本の例をあげて
 日本でも、高知県梼原町では、風力発電施設を2億円で整備をしたが、5年で元をとっているそうです。今後大幅に増やそうとしています。
 学校の照明、冷暖房などの電力や、街路灯の電力なども賄い、3億円の予算の町で余分電力の買い取りが4000万円にもなり、風力発電が、財政にも貢献しています。そのほかの自然エネルギーも積極的に取り入れています。また、保健活動にも力を入れ、毎年、町民の教育を行っていることが、町民の意識を高め、今では、健康に気をつけうようになって医療費用が少なくなっています。
 山口の、祝島では、中国電力が、上関原発を進めるため、人口500人のところへ、10億円のお金で、反対運動をおさめようとしたが、1割の人がそのお金を受け取っただけで、他の人は拒否した。
 「環境で、飯が食えるか」とよく言われるが、中心でがんばっている若い人は、「環境を、破壊して飯が食えるか」と思っています。「この島は、日本で自慢できる島」と思っているから頑張れるそうです。
 伊藤さんの話は、力の湧いてくるものでした

 
 
 
 
 
 
 
ツバメも子育てが大変
つばめ

(羽根を広げて羽ばたきの練習している巣立ちまじかのヒナ)

 今日、読者集金をしていると、読者の家の
軒先にツバメが巣を作っていました。
 親ツバメが、巣立ちまじかのヒナにせっせと、えさを運び食べさせていました。
 子ツバメは、3匹でしたが、読者の奥さんは、「今年は、うちのツバメのヒナがカラスに食べられた。近所の家のツバメもカラスに食べられている。だから、今のヒナは、そのあと生まれたヒナよ」「今頃は、ツバメも賢くなって、カラスが巣に近づいてくると、近所の親ツバメが集まってきて、鳴いてカラスの周りをぐるぐる回っておいはらうんよ」と言われていました。
 ツバメも、本当に子育てが大変ですね。
 子ツバメは、巣のところで羽根を広げてバタバタと動かしていましたから、もうすぐ、巣立ちです。がんばれ!!span>ツバメの親
(餌を運んできた親ツバメとヒナ)
 
 
芦田町圃場整備裁判は今どこまで?
 芦田町圃場整備の裁判の進捗ですが、今日7月11日午後2時から審理の前段階の論点整理状況です。
 
 この裁判は、芦田町における市施工や土地改良区施工の圃場整備事業で、本来、地権者負担で行うべきところを,市道認定を行い、当該の土地を買い上げることにより、地権者負担なしで、圃場整備を行っていたことなどから、公金の差し止め請求などを市長に求めたものです。
 今日は、村井市議や式部元市議など総勢5人で、広島地方裁判所に行きました。
 次回は、10月16日(火)午後1時30分から行われます。
 引き続き、論点整理を行い、準備書面などが出されます。
 また、ご案内しますので、みなさんも、おいでください。
地方裁判所前
 
首相官邸前で毎金曜日に行われているデモに感激
 毎週、金曜日に首相官邸前で行われている原発再稼働反対の抗議集会・デモに感激しております。
 この抗議行動は、3月から始まり、最初の時は300名だったものが、今では10万20万人という大きなうねりになっています。
 かつての60年安保の時以来の規模であるといわれています。
 野田首相が、政治決断した、大飯原発再稼働は許せないと思っている人が、思うだけでなく、行動していることに声援を送ると同時に原発稼働停止・廃止に向け引き続き、あきらめることなくがんばってください。
 とりわけ、この運動の組織のため中心で奮闘されておられる首都圏反原発連合のみなさん、大変だと思いますが、体に気をつけてください。
 ともに、がんばりましょう

 

順調に緑のカーテンが成長
緑のカーテン
 我が家の庭先でゴーヤ、きゅうりの苗を育てていましたが、大きくなりました。
 徐々に気温も暑くなってきています。今日は、気温が30度近くとかなり暑くなりました。
 まだ、朝は涼しいのですが、緑の葉っぱが早く茂って夏日や真夏日に間に合えばと思っています。
 しかし、日中いなければ、暑さでゴーヤもバテそうです。
きゅうりは、早くも葉っぱが大きいからか、水が不足しているようで、夕方帰宅するとへたっています。
 なんとか頑張って

鞆埋め立て架橋問題で湯崎県知事が説明会を開催
昨日、鞆の小学校体育館で湯崎県知事による広島県の鞆港埋め立て架橋を転換し、山側トンネル案をおこなうことについて、説明会が持たれました。
 参加者の鞆町民のうち、賛成派の方は県知事に抗議文を手渡し、退席されたようでした。
 その後、県知事から県の方針について、説明を行い、参加者から、質問していただき、その質問に知事が答えるものでした。
 参加者は、約120名でした。
 わが党は、これまで一貫して埋め立て架橋計画に反対し、白紙撤回を求めてきたことから、広島県知事が埋め立て架橋中止を決定したことを歓迎します

 

大雨で土砂崩れが
のりめん崩れ

 先日は、梅雨が明ける前の大雨が降り、福山市でも各地で土砂崩れや、浸水したところがありました。
 これまで、無縁と思っていた我が家でも、耕作していない畑ののりめんが崩落



プロフィール

takagi@jcp

Author:takagi@jcp
人が大切にされる社会を

兼業農家の長男として生まれ、農業を手伝い、両親の背をみて育ちました。
姉は障害者で、施設にお世話になっています。
「弱い立場のひとが大切にされない社会をなんとかしたい」―これが私の原点です。
くらしの声を受け止めて、ある相談者の方が、「生きていくのがつらい」とつぶやかれました。
こんな思いをする人をなくしたい。
みなさんの暮らしの願いをしっかり受け止め、全力でがんばります。


愛読書

最近読んだ中では「ダビンチコード」
ついつい引き込まれて読んでしまうほど面白い

好きな映画

アクション映画
正義と悪がはっきりしていて痛快


座右の銘

ゴーイング・マイウェイ


好きな食べ物

塩ラーメン
ラーメンの中でもさっぱりしていておいしい


好きなスポーツ

野球観戦
カープの試合があれば見たい。カープがんばれ!


休日の過ごし方

映画・ビデオ鑑賞してます。


特技

車の運転

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。